ニュース / トピックス NEWS / TOPICS

ホーム >  ニュース / トピックス >  節水トイレ累計出荷台数が1000万台突破(日本衛生設備機器工業会)

節水トイレ累計出荷台数が1000万台突破(日本衛生設備機器工業会)


年間5.6万トンのCO2を削減。さらなる普及で年間38万トン削減可能

節水トイレの累計出荷台数が1,000万台を突破


普及率は13%にとどまる

一般社団法人 日本衛生設備機器工業会(会長:張本邦雄)では、このたび洗浄水量が6L以下のトイレ(以下「節水トイレ」という)に関する出荷統計調査を実施しました。

その結果、2012年10月に節水トイレの出荷台数が累計で1,000万台を突破していることが判明しました。
国内においては、90年代末に発売が開始され、2000年代初頭に全社ラインアップされた後、急速に普及した節水トイレですが、わずか10年あまりでその累計出荷台数が1000万台を突破しました。

特に最近では、住宅エコポイント制度の対象製品となり、節水トイレの普及を後押ししています。また、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(平成24年12月4日施行予定)の「低炭素建築物」対象製品になるなど、今後についても、その普及が期待されています。

一方、普及率は現在13%で、年間のCO2削減値は5.6万トンにすぎません。
日本のトイレすべてが節水トイレに置き換わった場合、1年で約7億4千万?もの節水(東京ドーム596杯分)が実現でき、CO2も年間でさらに38万トン削減できます。
節水トイレのさらなる普及は、低炭素社会実現に大きく貢献します。

詳しくはコチラをご確認下さい。

日本衛生設備機器工業会ホームページ


インターネットからのお問い合わせはこちら

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、 発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください
ページの先頭へ