ニュース / トピックス NEWS / TOPICS

ホーム >  ニュース / トピックス >  46年間稼動の窯 最後の焼成で記念陶板を製作

46年間稼動の窯 最後の焼成で記念陶板を製作

トイレを始めとする衛生設備機器の製造販売を行うジャニス工業株式会社(本社:愛知県常滑市/社長:山川芳範)は、先に発表した第4次中計経営計画にある窯の更新にともない8月2日(日) 本社南工場にて築炉から46 年間稼動した窯の火止めを行った。

P7310136.JPG46年間稼動の窯

火止め(廃炉)となった窯は、約90 メートルある窯で、1969 年に生産を開始し、今では当たり前となった洋式トイレの生産や、減少傾向にある和式トイレ、タンク、洗面器、手洗いなど、現在のフロントスリム  トイレに至るまで弊社の主力商品となる様々な衛生陶器を生産してきた。今後、9 月に「火入れ式」を予定している現在建設中の新窯に生産を移行する。

80 周年企画 第2弾として、今回 火止めとなる窯と常に向き合ってきた本社南工場の従業員が主体となり100 周年に向けたメッセージと窯への感謝を形に残すため「最終焼成記念陶板」を製作。

記念陶板.JPG 最終焼成 記念陶板     


陶板のデザインから絵付けすべて、従業員の手づくりで行い、工業製品とは異なるメモリアルなプレートとなった。製作当日は、従業員それぞれが思い思いの陶板を製作し、46 年稼動した窯の最終記念品とした。
製作した「記念陶板」は、本社受付に展示を予定している。

P8020199.JPG  P7310047.JPG

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、 発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください
ページの先頭へ